初代社長である星野忠五郎が築いた鉄工を中心とした事業と、川崎重工業株式会社様とのビジネスネットワークは、昭和26年2月に設立された株式会社星野鉄工所に引き継がれ、現在も当社の礎となっております。

株式会社川崎造船所(現川崎重工業株式会社)様の造船事業進出と歩調を合わせ、造船業でスタートした星野鉄工所、また川崎製鉄株式会社(現JFEスチール株式会社)様の製鉄部門分離に伴って、製鉄業に進出するなど、ビジネスネットワークを中心に成長を続けてまいりました。

これらのことは、現在、当社が企業理念に掲げる取引先との「共存共栄」の成長を目指すということを、まさに体現しているものといえましょう。この取引先との共存共栄、つまり共同歩調の実現ということには、私たちの使命となっている「取引先のニーズを満たす環境」ということがあります。
取引先のニーズ、要請にいかに応えていくか、これはとりもなおさず、私たちの技術力の向上ということに繋がっています。

近年、地球環境に優しいということがいわれていますが、鉄鋼を中心としたわれわれの業界でもいち早くこの命題に取り組んでまいりました。LNGを燃料とする船舶や、環境に配慮した新幹線車両、潮力発電やメガフロートの開発などを実現し、今後もさらなる環境配慮型の開発が進んでいくことでしょう。そうした環境配慮にシフトした開発や生産を支えるために、われわれの技術力もさらに向上させていかなくてはなりません。

企業は人、とはよくいわれることですが、われわれはこの言葉がまさに技術力の向上に繋がっていると捉えています。各営業所で派遣やパートなどではなく正社員を採用し、スペシャリストとして育成していく、このことが当社の総合的な技術力を向上させ、取引先のニーズに完璧に応えていくということに繋がっているのです。今後も新たな時代を見据え、技術に裏打ちされた力で常に新しいことにチャレンジしていく、株式会社ホシノにこれからもご期待下さい。必ずお客様のニーズにお応えしてみせます。
株式会社 ホシノ 代表取締役社長 星野 裕介